ウワサのレーシック知識

ウワサのレーシック知識

当サイト《ウワサのレーシック知識》のお役立ちサイドメニューをまずはご確認ください。
様々なレーシックについての情報を詳細にお届けしています。視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。話題のレーシックを受けることで、失明をしてしまうのではないか?と考えてしまっている人も多いのではないでしょうか?
今現在、日本国内ではレーシックによって失明をしてしまったという事例は報告されていないのでご安心ください。

 

レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。




ウワサのレーシック知識ブログ:2018/11/15
最近、わたしは
家の中のいらない物の整理にハマっています。
結構楽しいんですよね。

きっかけは、
何でも物を大切にとっておく旦那が、
急に「身軽になるぞ!」と言って、
家の中のガラクタを整理し始めたこと。

あれだけ「捨てたら?」と言っても
「まだ使えるから。いつか役にたつよ」
といっていた旦那がそんなことを言い出すなんて…

ちょうど前日に
テレビ番組であるタレントの方が
「いつも身軽でいる」ようなことを話されていて、
わたし自身なんとなくひっかかっていた言葉だったんです。

そしたら旦那が急に同じことを言い出したので、
わたしはびっくり!。

元々、わたし自身も旦那も
そんなに物を所有するのが好きではなく、
結婚して二人で住むようになってからも、
家にそれほど物が多い方ではないと思うんですね。

収納は今あるもので収めて、
新しく物を入れる棚やボックスも買わないようにしていたし、
家に遊びにきた親や友人たちからも
「物少ないねー。片付いてるねー」
とよく言われていたほどです。

何故そんなに物が少ないのかというと、
親が物を沢山所有していて、
それを維持したり管理したりするのに
すごい労力と時間を費やしているのを間近で見ていたから…

「物を持つって大変なことだなぁ。疲れるなぁ…」
というイメージがあったんです。

でも!
何年も経って家の中にある物を
改めてじっくり観察してみると…
あるんですね…もうすっかり使わなくなったり、出番のない物たちが…

一見、物は溜め込んでいないように見えても、上手に収納されていても、
「物は大切に。捨てるなんてもったいない!」という
親からのDNAを
わたしはしっかり受け継いでいたんですよね…

明日はいい日かな〜

 
ウワサのレーシック知識 モバイルはこちら