■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイ

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。



■レーシック知識/レーシックが原因でのドライアイブログ:2018/7/16

思春期を迎える以前のオレたち姉弟は、
近所でも評判の仲の良い兄弟でした。

年子であることもそうですが、
引越しが多かったことや、友達の家と少し離れていることなどもあり、
二人で遊ぶことが多かったからかもしれません。

おとうとのあまりのパワフルさに、
オレの体力がもたない事もしばしばでしたが…
おとうとはまさに疲れ知らずなのです。

おとうとは夢中になって遊んでいるのに、
オレはすっかり疲れきってしまい、
ママが呼びにくるのが待ち遠しいこともありました。

そんなオレたち姉弟も例外では無いようで、
思春期の気配がする頃には、少しずつ距離が出来始めていました。
そんな頃の印象的な出来事です。

オレが小学校6年の時に
オレ達一家は東京に引っ越したのですが、
その直後の習字の時間に事は起こりました。

以前の学校では、墨汁をそのまま使用していたのですが、
新しい学校では、墨を摺るように指導していたようで、
前の席の男の子と言い争いになりました。

しかし、お子様の頃のオレはとてもクチ下手で
どちらかというとクチの代わりに手が出る方でした。
クチげんかでは必ずおとうとに負けていたんですよね。

当然、その男の子にもクチでは敵うはずもなく、
力の争いに発展の後、どう終了したのかは覚えていませんが、
感情を表現できず、怒りだけがたまって悔しくて泣いてしまいました。

休み時間におとうとがその話を聞きつけたらしく
「大丈夫か?」
と飛んできてくれたのです。

おとうとがそんな風に飛んできてくれたことがとても意外でした。
あまりクチをきかなくてもちゃんと心配してくれてるんだな…と
嬉しかったんです。

小学生ながら実に男らしいおとうとだと
頼もしく思えたことを覚えています。