■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。





秋葉原 賃貸ならこちら
秋葉原 賃貸
URL:https://www.townhousing.co.jp/shop/akihabara/


■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:2018/10/19

脂肪のつき方をくだものの形にたとえて、
お尻や大腿部など
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
ウエスト回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的にシェイプアップができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリなシェイプアップ法は…

食べる事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、ショートケーキ、スナック菓子など
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやライスから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

運動面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリなシェイプアップ法は…

食べる事面では
ライス、菓子パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、ビールは控えめに
くだものは適正量を守りましょう。

おかずを食べてからライスを食べるようにして、
ライスの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

運動面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動が効果的。
内臓脂肪が燃焼し、ウエスト回りがすっきりしますよ。