■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。





秋葉原 賃貸ならこちら
秋葉原 賃貸
URL:https://www.townhousing.co.jp/shop/akihabara/


■レーシック知識/乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:2018/7/16

日本語には、
「ウエスト」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「ウエスト」にまつわる表現を見るにつけ、
ウエストは、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切なからだの部位だということが再確認できます。

みなさまは、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちにウエストにキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
ウエストから力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

ウエストに力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な毎日を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しい体操をしては、
かえってこしなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
毎日、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
ウエストをキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋体操もおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは17時寝る前などに
少しずつやってみましょう。