■レーシック知識/レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。
日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。





小平つかさ
小平つかさの最新情報
URL:https://www.youtube.com/watch?v=Mc3eUYEU9xk


■レーシック知識/レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2018/5/25

経済的に裕福なら保育園に行かせることもないし、
幼稚園が余りにも幼稚過ぎるなら、
わざわざ我が子どもを行かせるべきではない。

両親元で育てることこそが
子どもにとって最高の効果をもたらす。

自宅にいれば
母親からたっぷりと母性愛を貰うことができるし、
自分の時間を大量に持つことができるからだ。

我が子どもを保育園にも幼稚園にも行かせないと決断したのなら、
母親は子どもを多く産むことが望ましい。

子どもが1人しかいないと、
母親は子どもに対して、過保護になり過干渉してしまうので、
子どもの脳の成長を阻害してしまう。

母親が子どもを多く産めば、
下の子どもの面倒を見なければならなくなるので、
自然と子どもに対して過保護や過干渉をやめることになる。

幼稚園に行かないとなると、
時間が大量に有り余ることになるので、
とにかく子どもを外に連れ出し遊ばせないといけない。

脳というのは
体質を動かさない限り成長しないので、
運動量が少なくなってしまっては、脳の成長に支障を来たすからだ。

それと子どもに本を与えて、
本を読ますようにしてしまうことも大切。
本を読めば読むほど、脳のシナプスは増えるのである。

もしも何かしらの芸事を習っているのなら、
それを重点的にやってしまい、高度なレベルに達しておくと、
その後、その芸事をやめさえしなければ、
一流のレベルに到達する可能性が非常に高くなる。

というのも、他の子どもたちは幼稚園に通って、
その上で芸事も習っているので、
どうしても練習不足のためにレベルを大いに上げることが難しい。

しかし子どもを幼稚園に行かせなければ、
練習する時間などいくらでもあるので、
芸事のレベルを大いに上げて行くことが可能になるのである。