■レーシック知識/レーシックの紹介制度を有効活用

レーシックの手術を受けた人が他の人を紹介して、その人がクリニックでレーシックを受けた場合、謝礼金が貰える制度があります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。

 

最近では安全性への重視などから、どのクリニックも割引制度を控えめにしているケースがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックの紹介制度は友人や知人がレーシックを受けようと考えており、クリニック選びに迷っている時に紹介をしてあげましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。



■レーシック知識/レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:2018/5/24

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

体脂肪を落としたいと思って
必死にシェイプアップをしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

シェイプアップと間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らすシェイプアップにとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らすシェイプアップはできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

チーズケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
団子などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもチーズケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
ご飯を食べてから3時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後3時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を身体の中にためやすくなっているからです。

さらに、腹が減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしてもシェイプアップの邪魔にはならないんです!

さあご飯食べよ〜っと。