■レーシック知識/適性検査を受けてからレーシック

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



■レーシック知識/適性検査を受けてからレーシックブログ:2018/5/16

痩せられない原因には、
カロリーオーバーや体操不足、ストレス、タバコなど様々あります。

でも、意外と見落としてしまいがちなのが、
肉体に溜まった脂肪を燃焼しやすくしてあげるということ。

多少「食べ過ぎたかな?」と思っても、
脂肪燃焼効率が良ければ、脂肪がつきにくく
痩せやすい肉体だと言えます。

どうすれば痩せやすい肉体になるのかというと…

大切なのが
「肉体を冷やさない」ということです。

肉体を冷やすと血液の循環が悪くなり、
肉体の防衛本能が働いて、
寒さから身を守るために
皮下脂肪を溜め込んでしまいます。

なので、
肉体を冷やさないことは、
皮下脂肪を溜め込まないことにつながるのです。

また、
肉体が冷えると基礎代謝も低くなりますので、
痩せにくい肉体となってしまいます。

では、
肉体を冷やさないためには、
どんな方法があるのでしょうか?

食べ物によるご飯療法やマッサージなど色々な方法がありますが、
簡単な方法としておススメなのが「温冷浴」です。

シャワーだけの人も最近は多いのですが、
シェイプアップする人にとって湯船に浸かる入浴は、
一日の疲れを取るだけでなく、
肉体に溜まった脂肪を燃焼させる意味でも欠かせませんよ。

そこで、より脂肪燃焼効率を高め、
痩せやすい肉体を作るのに威力を発揮するのが、
温めたら冷やす「温冷浴」なのです。

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びることで血管が収縮し、
血行が良くなり、自律神経の働きもスムーズになります。

方法はいたって簡単。
最後に冷水で終わるのがポイントです。
是非、連日の入浴に取り入れてみませんか?